初めての振袖

ほとんどの女性が初めて振袖を着るのは成人式の時ではないでしょうか。私も昔から着物に憧れはあったものの、あまり着る機会がなかったので、初めて振袖を着たのは成人式の時でした。

私は最初1日だけのことだしレンタルでもいいかなと思っていたのですが、二十歳になった特別な日ということで母が私に振袖を新調してプレゼントしてくれることになりました。

私の住んでいる地域には昔からの呉服店が多くあり、祖母の代からよく着物を買っていたお店に行き選ぶことにしました。

まずは生地選びです。お店に着くと店員さんが振袖用の反物をたくさん出してきてくれました。私は着物を着るならこの柄と決めているものがあったのですが、それは牡丹の花でした。昔、よく祖父母の家に遊びに行っていたのですが、床の間に掛け軸がかかっていてそこには大きな牡丹の花が描かれていました。実際に牡丹の花を見たことがない私は綺麗な花だなとずっと思っていました。昔から見慣れていてなぜかその絵に親しみがあったので、もし着物を作るなら大きな牡丹が描かれているものにしたいと思いました。振袖の柄が決まったら次は帯選びです。これも成人式の華やかな日に着るものなので、金色のとても豪華なものを選びました。

体の寸法を測ってもらい、中襦袢やそのほかの小物も選び終わり、出来上がりが本当に楽しみでした。

出来上がった振袖はとっても素敵で柄も重厚で落ち着きがあり、金色の帯ともぴったりでした。

私の人生初の着物は成人式だけでなく、大学の卒業式でも着ることができ、私にとってはとても思い出のあるものとなりました。もし私に娘が生まれたら、この着物を娘にも着てもらいたいと思います。

成人式の振袖選び

周りがだんだん、成人式の準備を始めていたので、私も成人式用の振袖を選びに行くことにしました。

振袖について何の知識もないまま見学に言ったのですが、振袖ってほんとうにたくさんのアイテムがあるんですね、知りませんでした。

一番のメインである振袖表地と、袋帯・長襦袢・半衿・帯〆・草履・バッグなど肌着も合わせると相当な数になります。普段使わないアイテムばかりなので、それだけ特別な感じがして身が引き締ります。
着付けに必要にグッズ一覧

早速、お店のスタッフの方と相談しながら気になるデザインのものをたくさん試着させてもらいました。華やかなものからクラシカルなものまで、幅広いタイプの振袖があります。


なかなか決められない方は、まずカラーを決めてその中から探すとスムーズに決まると思います。

写真でみた感じと着てみた感じは全然違うので選ぶのが楽しかったです。

私は、赤地に黒の雪輪文と白い斑文の鹿の子文様が特徴的な日本らしさを感じられるクラシカルなデザインのものに決めました。金で縁取られた牡丹の柄がお気に入りです。
*参考:幾つ知ってますか?日本の伝統文様20選

なかなか決められずにいた私に、嫌な顔ひとつせず親身に対応してくださったスタッフの方には、ほんとうに感謝しています。一生忘れられない成人式になりました。

家族にも好評で、スーツやドレスではなく、振袖を選んでほんとうによかったです。

私はレンタルではなく購入したのですが、将来娘ができた時に受け継いでいけたらいいなと思います。

袖直しもしていただけるので、長く愛用させていただきたいと思っています。