成人式を機会に振袖を作りました

成人式に振袖を着るために、両親に振袖を作ってもらいました。百貨店なども回ったのですが、なかなか気に入る振袖がなく、知人の呉服屋さんで振袖を作ってもらうことにしました。

色は迷ったのですが、黒。そこに手描きで蝶や花を入れてもらうというデザインにしてもらうことにしました。まずは地紋の入った白い絹の布を選びます。
反物がいくつもあって、その呉服屋さんがいくつも川のように広げてくれました。様々な地紋のなかで自分ではどれを選んでいいのかわからなかったので、ほとんど両親と呉服屋さんで地紋のはいった白生地は選んでくれました。
その白地を黒い色に染めて、そこに絵を描いてもらいます。じゅばんも薄く蝶の模様があるものにして、帯は金にしました。

出来上がった着物はとても美しく、とても華やかな黒の着物となりました。そして、絹の布が体に気持ちよく、体に沿った形でゆらりゆらりと揺れるのが本当に気持ちがよかったです。

帯のおかげでいつもよりしゃんと背筋が伸び、着物ってこんなに気持ちのいいものなのだと初めて思いました。
それから、成人式だけではもったいなかったので、兄の結婚式にもホテルで着付けていただき着る機会がいありました。
正確にはそれは着てはいけなかったかもしれないのですが、結婚式にもその着物を着ることにしました。

ドレスのあとの衣装替えでその着物を登場させました。今は真空パックにしてしまってあって、娘の成人式のときにこの着物を着てもらうと思っています。

返信を残す

必須項目には印がついています*