振袖は若々しさの象徴ですね

母親が和裁の仕事をしていたので、和服を見る機会は普通の人より多かったと思います。

しかし子供時代は着物の良さなど理解できるはずも無く、お婆ちゃんが私の為にとあつらってくれた真っ赤なお着物も、あまり袖を通すことなく過ごしました。

年頃になり、着付けをしている大阪のおばさんが遊びに来た時、せっかくだからと着物を着付けてくれましたが、帯をしめると言うか、締め付けられて、苦しい、脱ぎたいけど、おばさんが居る間は脱げないという、笑い話にしかならない感じでした。

それでも、成人式を数年後に控えた頃、まだ高校生位だった様に思います。母が大きな着物の問屋さんが集まる売り出しに私を連れて行ってくれ、色とりどりの和服を見せて貰う機会がありました。まだまだ着物の何たるかなんて分かっていませんでしたが、沢山の反物や着物を見て話を聞く内にその気になってしまった母が、私に成人式の着物を選ぶように誘いかけて来たのです。

訳が分からないままも、美しい着物を見てワクワクしていた私もその気になり、選んだのは、サーモンピンクの古典柄の着物でした。ピンクは幼い頃から大好きな色でしたが、サーモンピンクはちょっと珍しいのではないかな?と思います。値段は全く知らされませんでしたが、それなりに母も張り込んでくれたのではないかなと今になって思います。

数年後、二十歳の成人式前に久々に対面した着物は、何だか少し派手な気がして内心ちょっと気後れしたのですが、沢山の新成人に紛れてしまうと、そんな事は全く感じられませんでした。それどころか、出来上がった写真を見て、やっぱり私の着物が色も綺麗だし可愛い!と自画自賛でした。

その振袖はその後、友人や従妹や姉の結婚式で活躍してくれ、同席した年配の方からは、スーツやドレスも良いけど、やっぱり振袖は華があっていいわねぇ、と言ってもらえ嬉しく感じました。

そんな私も結婚して子供も出来、振袖を着る年齢ではなくなってしまいましたが、20代の綺麗盛りの方達には、着物を着る機会があるならぜひ、ちょっとだけ苦しいのは我慢して、ドレスでは醸し出せない日本の振袖の美しさを纏ってもらいたいと思うのです。

振袖を着る事の出来る時期は、とっても短いですから・・。

返信を残す

必須項目には印がついています*